わきがの病院治療をご紹介!

わきがの病院治療について

病院やクリニックでわきがの治療を行う場合には、どういう方法が用いられるのか気になりませんか?大がかりで費用のかかる剪除法から、エステでも行なっているような治療までその治療方法はさまざまにあり、症状のひどさや目的によって、それぞれに選択するべきものは変わってくるのです。

まずはクイック法。これはわきの下のある部分に小さな穴を開けます。そしてとても細いカニューレと呼ばれる医療器具を使いわきがの原因と言われているアポクリン汗腺を吸引除去をするという方法です。この治療方法で充分だと言われているのは軽度のわきが患者のみ。おおがかりな切開というものを必要としないため、短時間で済むということと、傷跡が数ミリ程度で目立つことがないというのがメリット。デメリットとしては、術後2週間ほどは腕を動かせないということ。他にもスプレーやデオドラント物のような刺激物は塗布してはならないということがあります。

他に有名なのはボトックス注射。これはわきが対策というよりも多汗症治療として用いられることが多く、半年〜10ヶ月程度でその効果が消えてしまうと言われています。やはりこれも軽度のわきがであったり、夏場などの露出が多い季節限定での本当に気休めの打開策であるという風に言わざるを得ません。ただし手術時間は極端に短く、さらにはクイック法や剪除法などのように長い時間の制限を受けることがないというメリットがあります。

メディカルクリニックと呼ばれるような、医療機関とエステティックサロンが合わさったような病院では、脱毛方法を用いてわきが治療とする場合も多いようですね。電気凝固法と呼ばれているもので、わき毛の毛根の少し離れた箇所にハリを刺し、電流を流すことで毛根を固めて毛を抜くという脱毛方法になります。これをするとアポクリン汗腺も同時に破壊してくれるのである程度のわきがであればこれで充分な治療になると言われているんですね。これに似たものではレーザー脱毛をつかったものも挙げられます。これはレーザー熱によって、毛根とアポクリン汗腺を同時に焼き殺すというものですから、根本的な考えや効果というものは電気凝固法と同様のものになります。

最後に超音波でのわきが治療です。これはわきの下にあるアポクリン汗腺を超音波の力で破壊するという治療方法ですね。これはわきの下にちょっとした切れ込みを入れ、超音波発生装置をそこに埋め込んでわきがを治療するという方法です。手軽であり、傷跡も残らない。そしてアポクリン汗腺のみを破壊するだけなので他の組織を破壊しないというメリットがあり、回復も早いとされているのです。

いずれにせよ、相当の覚悟と大きな費用を払うことになるということを頭においておかなければならないですね。

2015年最新わきがサプリ比較ランキング

  商品 価格 送料 オススメ度 詳細
パクチー
エナジーゴールド
2,050円(税込) 無料 ★★★★★ 詳細
パクチーエナジーゴールド
パクチーエナジーゴールド購入はコチラ
えがおの爽臭粒 2,700円(税込) メール便で
無料
★★★★★ 詳細
えがおの爽臭粒
えがおの爽臭粒購入はコチラ
楽臭生活 3,240円(税込) 無料 ★★★★ 詳細
楽臭生活
楽臭生活購入はコチラ

▲このページの上部へ
© 2012-2015 《わきがサプリ比較》-※体臭サプリでわきがとサヨナラ!-